本サイトは、お使いの端末に最適化されていません。
最新端末でのご利用を推奨いたします。

PROGRAM Detail

10:05-10:25
基調講演1

2025-30年のモバイルのランドスケープ

株式会社企 代表取締役
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任准教授
クロサカ タツヤ

調整中
PROGRAMプログラムページに戻る
10:55-11:10
スポンサーセッション1

5G/6Gのエリア拡大に向けて、自動化/AI大事ですよ!

日本電気株式会社
ネットワークソリューション事業部門/共通プラットフォーム事業統括部
高橋 敏明

5G/6Gのエリア拡大を踏まえ、自動化やAIはテレコム業界においても重要性がますます高まっています。
自動化には仮想化技術は必要不可欠な要素ですが、例えばRANの仮想化には特有の課題があります。
本セッションではNECの取り組みを踏まえ、これからのCloud Nativeに必要な活動、あるべき姿についてご紹介させていただきます。
PROGRAMプログラムページに戻る
13:30-13:45
スポンサーセッション4

Cloud Native時代のRouting Platform

シスコシステムズ株式会社
SPSE
鎌田 徹平

Cloud Native時代のNetworkを考えるにあたりContainer routingが注目を集めています。
本セッションではCiscoのContainerized Routing platformを紹介し、Cloud native時代のRoutingのあり方について説明したいと思います。
PROGRAMプログラムページに戻る
13:45-14:00
スポンサーセッション5

古河のSRv6 MUPへの取り組み

古河ネットワークソリューション株式会社
技術企画開発部 先端技術開発Gr  
林 秀明

SRv6 MUPはモバイルネットワークのIP移行をすすめる上で期待されている技術となります。
IP技術をモバイルネットワークに活用できる本技術はルータベンダとしての強みを発揮し、
より快適なモバイルネットワーク構築に貢献できると考えています。
本セッションではSRv6 MUPへの取り組み、商用ルータをベースにしたPoC開発と動作検証で得た知見、
そして今後の展望について紹介したいと思います。
また、既存コンピューティング・リソースを活かしたAIサービス開発について、デモを交えてご紹介させていただきます。
PROGRAMプログラムページに戻る
15:00-15:15
スポンサーセッション6

クラウドネイティブ環境におけるルーティングソリューション

ジュニパーネットワークス株式会社
技術統括本部  
木下 功一

ジュニパーが取り組んでいるクラウドネイティブ対応のルーティングソリューションのご紹介
PROGRAMプログラムページに戻る
15:15-15:30
スポンサーセッション7

持続可能性におけるインテルの目標およびデータセンター向けの取り組み

インテル株式会社
ネットワーク&コミュニケーション営業統括部  
鮮 衛(XIAN WEI)

インテルの半導体製造から製品、ソリューションまで、より持続可能なコンピューティング業界を構築する
インテルの目標について説明した上、 実際のインテルデータセンター製品ハードウェア、ソフトウェアにおける取り組みより、
通信業界でお客様の排出量を削減できるようにするソリューションをご紹介させていただきます。
PROGRAMプログラムページに戻る
16:30-16:45
スポンサーセッション8

オープンソースから見るエッジコンピューティングの現在と未来

レッドハット株式会社
スペシャリストソリューションアーキテクト本部
クラウドスペシャリストソリューションアーキテクト  
小野 佑大

エッジコンピューティングの取り組みが増加する中、様々なオープンソース団体がエッジコンピューティングのプラットフォームの
コンセプトを定義し、実装を進めています。
本セッションでは、エッジコンピューティングのオープンソース動向を踏まえ、現状の技術トレンドを整理し、エッジコンピューティングの
現在と未来の姿を整理します。 そして、将来に向けたRed Hatのエッジ戦略を解説します。
PROGRAMプログラムページに戻る
16:45-17:00
スポンサーセッション9

海外キャリアにおける CI/CD 活用事例

ヴイエムウェア株式会社
TEC SE本部  
胡子 昇一朗

高い通信品質とコスト低減を同時に求められる昨今、自動化の重要性はますます高まっています。
本セッションでは、どの範囲をどのようにして自動化できるのか、海外キャリアの事例を紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る
17:00-17:15
スポンサーセッション10

クラウド基盤基盤×自作EPCによるフルMVNOの運用とその実態

BBSakuraNetworks株式会社
開発本部  
佐藤 哲也

クラウド上での、自作EPCを開発運用 やべぇ1ビット違ってた!!、何か通信できないんだけど?なんもわからん!
そんな過程で発生した要員変更、嵐のようななかでどうやって安定運用にもっていったかをお話しします!
PROGRAMプログラムページに戻る